寒がりなのは新陳代謝が小さい所為?

自分でも正直なところ、呆れちゃうくらいの寒がり。

ちゃんと寒さは憎悪で、例年秋~冬季にわたって、出来るだけ外部に出掛けたくない!というインプレッションなんだけど、もしやこういう寒さが憎悪だというのは入れ替わりが酷いせいなんじゃないかな・・・って思ってるんですよね。

そこで普段はコーヒー派のわたしが、最近は始終紅茶を飲んでいる。

というのも、紅茶に少しだけショウガを入れているんです。

一時期はやりましたよね?ショウガ入り紅茶。

本当はこれを実践しているところで、来れるかさを間違えちゃうと些か一大んだけど、今はなんとも慣れて美味く飲めるようになりました。

淹れたてのコーヒーもいいんだけど、体躯が暖まるのは飲んだ以後だけ。

それでもショウガを入れいていると飲んだ事後もさらに体躯がボカボカするから、ふっと血行も良くなっているような感じがします。

そのお陰なのか、人肌にツヤも出てきた感じがするし、冷え性を改善することってお肌にもいいことなんじゃないかな?って考えていますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です